K3Tunnelについて

K3Tunnel(ケイサントンネル)は、「計算するプログラミング」を主なテーマとするプログラミング学習サイトです。 グラフの使いやすさを重視したビジュアル・プログラミング・ツールと身近な問題を扱う学習コンテンツを提供しています。

人口推計、混雑予想、飛行シミュレーション、天気予報、需要予測など、 世の中のさまざまな事象を、数式で表し、計算することで、検証したり予測したりすることは、多くの分野で行われています。 数理モデル化、あるいは、数値シミュレーションなどと呼ばれ、 研究者や技術者は、高度なプログラミング技術を駆使して計算しているのです。

K3Tunnelでは、このような「計算するプログラミング」が世の中の課題解決に活かされていることを体験できる学習コンテンツを用意しています。 「計算するプログラミング」の世界へ、ふみ出してみましょう。

コンテンツ

assignment Challenge Mission! - ミッションに挑戦してみよう!

Missionとして提示された身近な問題をプログラミングを使って解決していきます。 チュートリアルを使ってプログラミングするようになっているので、プログラミングが初めての人でも、ヒント動画やできあがり例を参考に、最後まで完成させることができます。 「プログラミングで問題解決するというのはどういうことなのか」を体験するためのコンテンツです。

くわしく>>

build Build It Yourserlf - 自由につくってみよう

create Make Project - プログラムを作る

イチからプログラムを作ることができます。自分で設定した課題をプログラミングを使って解決したり、ミッションの内容をより深めていく学習に使うことができます。

やってみる>>

explore Explore Example - プログラム例を見る

簡単なものから本格的なものまでさまざまなプログラム例を紹介しています。自分がつくるプログラムの参考にしたり、プログラム例を改造したりすることができます。

やってみる>>

利用方法

利用規約をご確認の上、 同意してご利用いただくようお願いします。
ブラウザはGoogle Chrome最新版、大きめのディスプレイ利用を推奨しています。

教育関係者のみなさまへ

K3Tunnelの狙い

K3Tunnelは、日鉄ソリューションズ株式会社が提供しています。

私たちは、普段、さまざまなシステムをお客様に提供するお仕事をさせていただいています。 ITのチカラを生かし、お客様と共に、さまざまな課題解決に挑んでいます。 そんな私たちにとって、近年、プログラミング教育への関心が高まっていることは、大変喜ばしいことです。 私たちも次代を担う若者たちに伝えられることがあるのではないか。という想いがあふれてきました。

私たちは製鉄業をルーツにしており、高度な数理的知見や深い業務知識を活かしたシステムを多く手がけ、 道具としてプログラミングを活かすことを得意としています。 道具としてのプログラミング、特に数理的な分野への適用を重視したプログラミング学習ツールがあってもいいのではないか。 と私たちは考え、このK3Tunnelを開発しました。 そして、ITの最前線でビジネスをしている私たちだからこそ、作れるコンテンツがあるはずだ。という想いのもと、コンテンツの拡充をはかっています。

教育現場で「プログラミングで学ぶ」ツールとして利用していただければ幸いです。

プログラミング講座について

以下のテーマでプログラミング講座(標準時間:90分)を展開しています。

Mission01 家電買いかえ大作戦

候補リストの中から予算内で家族の満足度を最大にする組み合わせを見つけます。

Mission06 パン屋さんアドバイザー

パンの需要データを分析し、その日にいくつ作ればいいか決めるプログラムを作成します。システムエンジニアのおしごと体験プログラムになっています。

Mission09 データをめぐる謎を探れ!

探偵クラブに持ち込まれた依頼について代表値、ヒストグラムを駆使して謎に迫ります。 小学校6年生算数の単元学習としての利用も想定しています。

PTAイベントや授業時間内での実施リクエストを随時受付けています。
また、K3Tunnelを利用した授業を実施したい教員の方へ、説明会や素材提供などの支援もいたします。 状況によって実施条件を相談させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

【2018年度実績】

  • 千葉県千葉市立蘇我小学校
  • 東京都連雀学園三鷹第六小学校
  • 東京都中央区立阪本小学校
  • 東京都世田谷区立中里小学校
  • 千葉県船橋市立高根台第三小学校
  • 神奈川県横浜市立平沼小学校
  • 東京都中央区立明正小学校
  • 千葉県立千葉中学校
2017年に千葉県船橋市立高根台第三小学校で実施した様子を、こちらで紹介しています。

お問合せ

以下のようなご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

  1. 出張授業に来てほしい
  2. 企業の地域貢献として地元小学校でK3Tunnelプログラミング講座を実施したい
  3. 授業で使えるような教材開発を手伝ってもらいたい
  4. 塾などでのワークショップ実施のため進行スライドなどがほしい
  5. 自社のCSR活動の一環としてプログラミング教育×自社事業教育のコンテンツ開発を行いたい

【お問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
K3Tunnel開発チーム
Mail: K3Tunnel連絡先

公式Twitterアカウント@k3tunnel
更新情報、イベント情報などをお知らせしています。

名前の由来

けいさんトンネルという名前は、K3Tunnelの特色である「計算」とトンネルをくぐる前後で登場人物が変身する 絵本『へんしんトンネル』(作・絵:あきやま ただし、出版社:金の星社)の「トンネル」を合わせて作った造語です。 数値を入れて計算すると、計算結果に変身するというのをイメージしています。

K3Tunnel(ケイサントンネル)およびロゴは日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。

Built on Blockly

K3TunnelはGoogleが提供しているBlockly を使っています。Blocklyは、初心者向けのブロック型ビジュアル・プログラミング・アプリケーションを作成するためライブラリです。